安全性と環境への配慮

グランエターナ TOP>安全性と環境への配慮

環境配慮型マンション

計画時 = 超寿命を考える

  • ・強度の強いコンクリートを活用しつつ、耐久性・耐震性を考慮した設計の検討を重ね、建築物の超寿命化を図ります。
  • ・躯体と内装を分けて考えるSi(スケルトン・インフィル)工法を採用して、将来的な改修に備えたフレキシブルな設計にします。
  • ・環境負荷に配慮した施工計画の立案、高効率施工重機の利用、搬送距離の効率化を図ります。

計画時 = 超寿命を考える

建設時 = 省資源を考える

  • ・使用する資材は持続可能な森林経営木材(アカマツ・ヒバ・ヒノキ・スギ材など)や間伐材を用います。
  • ・CO2 などが発生しにくい機材を使用します。
  • ・資材のプレハブ化・ユニット化を図り、余剰材や廃棄物の発生を削減します。
  • ・建設時の廃棄などを再利用し、リユース・リサイクルを促進します。

建設時 = 省資源を考える

管理運営時 = 自然エネルギーを考える

  • ・太陽光発電や、風力発電を積極的に取り入れ、自然エネルギーを有効活用します。
  • ・貯留槽に雨水を貯めて、緑地への散水舗装面への打ち水として利用します。
  • ・建築デザインを工夫して、光や風を室内に呼び込みます。
  • ・LEDや24時間調光制御システム・個別調光制御・外光センサーなどを活用し、省電化を図ります。
  • ・高い断熱効果をもたらす外断熱工法を採用します。
  • ・LOW-Eガラスなどを用いて開口部の遮熱効果を確実なものにします。
  • ・屋上や壁面の緑化を進め、ヒートアイランド現象の抑制を図ります。
  • ・コージェネレーションシステム(水素型燃料電池方式)を含め、エコな家庭用燃料電池の導入を促進します。
  • ・周辺景観にあわせて、環境共生に配慮した施設の形状・素材・色彩デザインを採用します。

管理運営時 = 自然エネルギーを考える

ページの先頭へ

実績と実例

デザイナーズ高級賃貸マンション Grand E'terna

株式会社ジェイ・エス・ビー
〒600-8415
京都府京都市下京区因幡堂町655 番地
TEL:075-341-2728
FAX:075-341-5010
宅地建物取引業
国土交通大臣(6) 第5032号

株式会社ジェイ・エス・ビー会社案内サイト

学生マンションのユニライフ